膀胱炎の怖い症状、忘年会シーズンは特に注意!

忘年会など、人付き合いでお酒を飲む機会が増えるこの季節は、膀胱炎が起こりやすい季節とも言われています。
昔から女性の20%に起こると言われている膀胱炎ですので、特に女性は注意していきたいですね、

そこで今回は、この「膀胱炎」について詳しく勉強していきたいと思います。
それでは詳しく見ていきましょう。

膀胱炎とその症状について

膀胱炎とは、その名の通り膀胱が炎症を起こすことです。
主な症状として挙げられるのは、以下の通りです。
・排尿時の違和感、不快感
・排尿時の痛み
・頻尿
・尿の色の変化
・血尿

このような症状があらわれている方は膀胱炎の可能性が高いので、一度検査をしてもらうと良いですね。

スポンサーリンク

女性に多い理由は?

膀胱炎が男性より女性に多いというのはよく聞く話ですが、一体なぜ女性に多いのでしょうか?
それは、女性の体に秘密が隠されています。
女性の体は男性に比べて尿道が短く、細菌が入りやすい構造になっています。
このようにリスクが男性よりも高い上に、毎月の月経などでどうしても不衛生な状態が作られてしまうことが要因と言えるでしょう。

また、飲み会などが増えるこの季節に膀胱炎が増える理由は、会社づきあいの飲み会だとトイレに立つ時間が取れず我慢する機会が増えることにあります。
元々、排尿には膀胱や尿道にある雑菌や細菌を排出する効果があるので、我慢すればするだけ膀胱炎が起こってしまうというわけです。
さらに、トイレを我慢すると血流が悪くなるとも言われています。
血流が悪い状態は、細菌から身を守るための免疫力を下げ膀胱炎になるリスクをあげてしまうことに繋がります。
この事から、トイレを我慢すると膀胱炎に繋がることが分かりますね。

膀胱炎にならないためには?

それでは、膀胱炎にならないためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
見ていきましょう。

膀胱炎にならないために挙げられる対策は、前述の原因でも挙げた尿道付近の清潔を保つことが第一に挙げられます。
免疫力が低くなっても、細菌の排出が回数が減っても、結局は細菌がいなければ膀胱炎にかかるリスクはぐんと減ります。
ですので、まずは清潔にすることを意識しましょう。

そして、次にあげられるのはトイレの回数を増やすことです。
出来るだけお水で水分補給を行い、3時間に1回はトイレをするようにするのが理想と言われています。
排尿は体内の毒素も排出するための最大のデトックス行為です。
普段から意識して行うようにしましょう。

またストレスや過労によるものもあるので、それらにも各々対処するようにしましょうね!

スポンサーリンク