ダイエットするにはまずは自分の体型チェックから

ダイエットは闇雲に行うより、自分に合ったものを選択するとより大きな効果を得られると言われています。
皆さんは、自分の体型のタイプを理解しているでしょうか?
自分にタイプに合ったダイエットは、普段よりも効果が大きく出るので、やる気の向上にも繋がります。
途中でつまずきがちなダイエットですので、やる気をアップさせて長く続けるためにも自分の体型のタイプを知っていきましょう!

自分の体型をチェックしよう!

肥満のタイプは、以下の3タイプに分かれます。
日本人に多い「林檎型」
外国人に多い「洋梨型」
比較的稀な「バナナ型」

それぞれの体型にそれぞれの特徴があるので、みていきましょう。

日本人に多い「林檎型」

この体型は、痩せ型なのにお腹だけが出ているいわゆるビール腹のような体型で、つきやすく落ちやすい内臓脂肪がついているのでメタボリックシンドロームに悩む中年の男性に多いようですね。

しかし最近では、こういった体型の女性も増えてきているので油断は出来ません。
メタボ体型は、放置することで生活習慣病にかかるリスクも大幅に増えるので簡単に脂肪を落とせる!と油断はせず気が付いたときにすぐ落とすようにしておきましょう。

また、食生活はタンパク質を積極的に摂取して、糖分や油分を控えるように心がけましょう。
オススメの運動は、有酸素運動です!
家の近くを歩くだけでも良いと言われているので、時間があるときにダイエットを行いましょう。

外国人に多い「洋梨型」

洋梨型は、外国人に多く、最近では日本人の女性に多い体型となっています。
この体型は、いわゆる「下半身太り」で、つきにくく落ちにくい皮下脂肪がついているので一度つくと厄介と言えますね。
女性は、出産などもあるのである程度の皮下脂肪は必要とされていますが、それに甘えて放置しているとむくみなどが起こり、結果的に冷え症や部分太りに繋がってしまうので適度に落とすよう努力をした方がよいですね。

食生活は、体を冷やす食べ物や飲み物を極力減らし、脂質と糖質を抑えるようにしましょう。
また、オススメの運動はこちらも有酸素運動となっていますが、それだけでは落とせないかもしれないので、半身浴やマッサージを積極的に行い、痩せやすい体を作っておくことが重要と言えますね。

比較的稀な「バナナ型」

この体型は、普段は何をして太らないのに一度太りだすと痩せられないという珍しいタイプです。
元々、筋肉がつきにくい体ということも影響しているので、代謝が悪いことが原因として挙げられます。
食生活はタンパク質を積極的に摂り、運動も体積の大きい筋肉を中心に鍛えることがオススメと言えますね!

今回のまとめ

いかがでしたか?
自分の体型のタイプが理解できるとダイエットがはかどります!
ぜひ、試してみてくださいね!

スポンサーリンク