体質改善!寝起きストレッチのすすめ

ダイエットを行う上、成果が出やすい体作りをするのはとても重要なことです。
しかし、
「一人で運動をしてもなかなか続かない」
「ジムでトレーナーに見てもらう運動も何だか窮屈・・」
と、なかなか運動に踏み出せない方は多いのではないでしょうか?
そんな皆さんにオススメなのが、今回ご紹介する「寝起きストレッチ」です!
特に費用もかからず、自分のペースで簡単に出来るので気になる方は見て参考にしてください!

寝起きにストレッチをすることで得られる効果は?

昔、早起きをして朝から軽いジョギングをする運動が流行ったことを覚えているでしょうか?
あの運動は、朝から体を温めてその日1日の代謝を促すことを目的としていましたが、寝起きストレッチも同じような効果を得ることが出来ます。

寝ているときは、基本的に体温が下がっているので特に寒い冬の朝は、眠気が取れずにそのまま二度寝してしまうこともありますよね。
しかし、ここでその眠気をグッとこらえてストレッチをすると脳を起こし、体にスイッチを入れて温めることが出来ます。
この状態を朝から続けると、代謝が良くなり普段の生活を続けていても消費カロリーが増えるので痩せやすい体になることが出来ます。
早朝のジョギングに比べて体に大きな負荷がかからない分、危険も少なく費用もかからないので、睡魔にさえ負けなければ、まさに理想の体作り方法と言えますね!

それでは、気になるストレッチの方法についてみていきましょう。

寝起きストレッチの方法は?

大前提として、飽きずに毎日継続することを心がけましょう。
ストレッチは、ダイエットと同じで毎日続けなければ体質は改善されません。
時間も取らないような簡単なストレッチをご紹介するので、まずは見ていきましょう。

寝ながら深呼吸ストレッチ

ベッドに寝たまま、体を仰向けにして足を肩幅に開き楽にしましょう。
続いて、万歳をしながら深呼吸の要領で息をゆっくり吸い、全身をグンと伸ばしましょう。
息を吸い終わり、全身が伸びいることを確認したら、5秒間そのまま息をとめて停止しましょう。
最後に、ゆっくりと息を吐きながら体を緩めていきましょう。
この動作を3~5回繰り返しましょう!

寝ながらツイストストレッチ

こちらも仰向けになって、「両腕」を開きましょう。
この状態で膝を立て、膝を立てていない方向へ下半身をひねりましょう。
この際、反動は付けずに上半身は反対を向くようにするのがポイントです。
これを8秒維持したら、反対側も行い2セット行うようにしましょう!

今回のまとめ

毎日たったこれだけのストレッチで、体はどんどん痩せやすくなっていきます。
ダイエットを行う上でも周りの人より効果が出やすい体になるのでモチベーションも上がりやすくなります!
この機会に、寝起きストレッチをぜひ、試してみてくださいね!
こちらも実施すると効果倍増です⇨基礎代謝をあげて誰でも健康!お風呂上がりストレッチのすすめ

スポンサーリンク