副業の現状

昔と比べると一般的になってきた副業ですが、まだまだ導入している企業は少ないのが実情ですよね。
ここ数年の流れから見ても、副業はどんどん一般化されていくように思います。
まさに今が過渡期だと感じます。
大企業に就職しがむしゃらに働いていれば給料が増えていった終身雇用を前提としたシステムが崩れてきています。
労働力は国境を越え低賃金の労働力も増加し、今後はAIによる機械化もますます進んでいきます。
ここ数年でも本当に実感しています。
最近の話では大手上場企業やメガバンクの人員削減の話や私が勤めている会社ですら日本と海外の垣根がなくなってきていると感じます。
目の前の仕事も不安定な中、将来もらえるはずの年金も制度上の不安を抱えた状況です。どうなっちゃうんだろう

そんな中、転職市場は活況に!
また、クラウドソーシングを始めとする気軽に始められる副業がどんどん増加しています!
とは言え、現状は兼業や副業を認就業規則で禁止している企業がなんと85.3%!(中小企業庁 兼業・副業に係る取組み実態調査2014年より)

スポンサーリンク

違法?法律上の規定

日本国憲法で職業選択の自由が保障されている通り、本来副業をするかどうかは個人の自由です。
副業の全面禁止は法律上許されていないです。
でも就業規則では副業禁止にしている企業が多いですよね〜
いくら就業規則で禁止しても法律上全面禁止は認められているわけではないので、
兼業による就業規則違反が理由で解雇になった労働者が会社を訴えると、多くは労働者が勝訴しています。

とは言え、副業禁止だからやめるような指示が何度も出ていたのに改善しない場合など解雇もやむなしとみなされるケースもあるのでグレーですね。
・副業の内容が自社と競合する
・遅刻や欠勤が多くなった
・自社のノウハウが漏洩するリスクがある
こんな場合だと、副業禁止も一定の合理性ありとの判例もあったりします。
難しいですね。。。

解禁した場合のメリット

これらは企業にとっても従業員個人にとってもメリットですね。
人は財産という企業は多いですが、本当にそう思っているなら副業での従業員の成長も選択肢の一つだと感じます。

従業員の可能性が広がる

本業以外にも仕事を経験することで、本業だけでは難しい知識や経験の蓄積が可能となる。
色々なものに触れる機会が増えることで、新しいアイディアの誕生につながる。

従業員の意識が変化する

企業の外で個人で仕事をする場合、経営の意識が身につく。
企業の看板なしで個人の力で仕事をしていく必要があるので、個人の力を高める成長意識が強くなる。

解禁した場合のデメリット

本業に支障が出る

やはりこれが一番です。
ちょっと体調悪そうにしていたりすると副業が忙しいんじゃないの?などと全て副業のせいにされます。
企業側からしたら本業に全力投入してくれとの気持ちなんだと思います。

信用毀損問題

影響としてはこちらの方がでかい印象です。
得意先や取引先からした時に、機密情報を渡した相手が副業をしていると思った時の不安。。。

本業に支障がでることについては、メリットの大きさでカバー。
信用毀損問題については、社会で副業がもっと一般的になっていくことで変わってくるのかなと思います。

スポンサーリンク

働き方改革・モデル就業規則の改正

これまで下の方でも紹介している個別の企業が副業の推進に取り組んできましたが、
厚生労働省からも具体的に副業推進の後押しになるガイドライン案が示されました!

まずもって相応に効果がありそうなのがモデル就業規則の改定です。
モデル就業規則って新しく就業規則を作る会社がよく参考にしています(社労士さんも参考にするって聞きます)。
これまで厚生労働省のモデル就業規則に「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」と記載されています。
厚生労働省も副業禁止派だったんですね 笑

モデル就業規則でも副業が認められる方向に

今回のモデル就業規則では副業禁止の文言が削除されていました
今後参考にする企業では副業禁止の文言が減ってくることが期待されます!
また、ガイドライン案自体でも「労働時間以外の時間をどのように利用するかは、基本的に労働者の自由」との文言が改めて記載されています。
一方で長時間労働の可能性など、リスクも提言されています。
課題もある中ですが、副業が当たり前になってくるんだろうな〜

自分が100歳まで生きることを考えてみる

ニュースや本など、日本は世界でもトップの長寿国だと紹介されています。
極端ですが、100歳以上の人が人に6万人以上いるそうです。金さん銀さんの話が懐かしい。。。
高齢者というと老後の医療費負担などマイナス面が全面に出されていますが、
兼業・副業を通じて個人がスキルアップし自由な働き方が浸透することで、退職後高齢でも自由な形で社会に貢献できる場が増えると思います。
副業・兼業による個人のスキルアップ、勤め先は企業だけではないという認識の浸透。
高齢であっても社会に貢献できる場が広がり、長寿国であることが武器になってほしいと思っています。

自分もそうですが、両親や祖父母、恩師や諸先輩方、ビジネスの一線を退いた方であってもいつまでも元気にいてもらいたいです。
これまで頑張ってきた方々が、お荷物のように言われるのではなく、より一層活躍できる社会になれば、日本はもう一段成長しますよね!
国連の推計で30年後の日本は100万人以上が100歳以上になっていると言われる長生き国家ですから。

読んだことある人が多いと思いますが、
自分が100歳まで生きることを具体的に想定するきっかけになった本です。
働く期間が長くなること、お金の心配など具体的に書いてるので不安も出てくる一方、
やりたいことがこれまで以上にやれるんだと希望もわきました!
1年間に買った本ですが、未だに書店でも前の方で紹介されていたので驚きました。
やはり働き方・生き方は考え直されているテーマですね。

副業を推進している企業

副業全面OKのような企業ないかなーと調べていたところ、いくつかありました!

株式会社エンファクトリー

こちらが1番インパクトありました。
専業禁止
え?って思いませんか?
2011年会社創立当初からのポリシーなんだとか。
個人の共同体=企業
全て自分事、経験や気づきを本業でも生かしてほしい
いいコメントがたくさん!
あくまで自分事なので当然責任は自分で取るという意味だと思いますが、
その分の自由度はすごいなと思います。
こんな会社で働いてみたい!

サイボーズ

ほぼ全ての副業を認めている会社です、自由な働き方で有名ですよね。
むしろ儲け方を勉強してこいとの意味もこもっているようです、調べてるとどんどん転職したくなってきます 笑
 

ロート製薬

社外チャレンジワークという副業を認める制度を作っています。
2016年制度作った当初は60名の立候補があったそう。
「自ら考え行動する人材を育てることが企業の成長につながる」との考えを行動に移されていて素晴らしいですね!

今日は以上です!

スポンサーリンク