グルテンフリーは美肌効果や体調改善!?ダイエット効果だけではない?

スーパーフードなど健康や美容に良いとされている食材はすぐに注目されますね。
スーパーフードを摂取する事で、体質改善に繋がったり、ダイエットに成功したり、美肌になるなど良いことが沢山
あると言われています。でもスーパーフードを購入するとなると結構お金がかかります。
何か他に体質改善やダイエットに良い方法は無いのか・・・と考えている人におすすめしたいのがグルテンフリーです。
ある物質を摂取しない事で体質改善やダイエットが可能とされています。
管理栄養士の先生も推奨していると言われているグルテンフリーとはどのような方法なのでしょうか。
まずグルテンとは何なのでしょうか。それは小麦粉に含まれているタンパク質の事を言います。
強力粉や薄力粉や中力粉はすべてグルテンが含まれています。そのためこれらを使用して作られているものは
全てグルテンを含んでいることになります。
うどんや洋菓子、パスタ、パンなど色々な食べ物が頭に浮かびます。
どうしてグルテンを摂取しない事で体質改善やダイエットに繋がるのでしょうか。

グルテンフリーで体が変わる理由!グルテン摂取で悪玉菌が…

実はグルテンが腸内の悪玉菌を増やしてしまうという事が分かっています。悪玉菌が増えるという事は便秘になったり、むくみやすくなるなど体の不調に繋がります。肌荒れしやすくなるとも言われています。
悪玉菌を増やさない生活を送る事で、体内の機能を正常に働かせることができるようになるのです。
グルテンフリーの食事では、上記に挙げたものを食べない事になるのですが、100%というのはかなり大変です。
しかしそれを心がけるという事はできますね。グルテンフリーを心がけた際、何を食べれば良いのでしょうか。
それは日本人に一番馴染みのある食材です。そう、お米ですね。
お米はグルテンゼロです。どうしてもパンを食べたいなと思うのであれば、グルテンフリーの米粉を使ったパンを選ぶというのも1つの方法です。最近は米粉で作ったケーキもあります。ホットケーキミックスもグルテンフリーの米粉タイプが発売されています。
グルテンフリーが注目を集めているので、グルテンフリー食品も増えています。
麺類なら、米粉で作られているビーフンやフォー、春雨などがありますね。そういった代替品を上手く活用すれば食事制限している感じもあまりないと思います。

グルテンフリーの食生活、おやつはどうしよう!?

グルテンフリーの生活、3食はうまくいってもやっぱり食べたくなるのが甘いものでしょう。
グルテンフリーの食事を行う際、おやつを食べてはいけないという決まりはありません。しかし、おやつももちろんグルテンフリーを選びます。
では何を選ぶと良いのでしょうか。
小麦粉を使用していないおやつを調べてみると、プリン、ゼリー、ようかん、団子、マシュマロ、チョコレート、ドライフルーツ、ミックスナッツなどがありました。
意外と色々ありますね!これなら甘いものゼロという感じではないので実行できそうです。
商品によっては小麦粉を使用している可能性もあるので、原材料をチェックするのが良いでしょう。原材料を見て
大丈夫であれば、上記にあるおやつ以外でも楽しめるものがあると思います。

今回のまとめ

グルテンフリーというのは、悪玉菌を発生させてしまうグルテンを含まない食品のことなんですね。
もちろん100%グルテンを摂取しないというのは困難ですが、少し意識をしてみてはいかがでしょうか?
パンも麺類もお菓子もグルテンフリーの食品が増えてきているので意外と簡単にできますよ!
アメリカのスーパーですと、普通にグルテンフリーのコーナーがあるくらい一般的になっていました、日本もそのうち同じようになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク