いつものランチで?コンビニダイエットにチャレンジ!

こんにちは!最近雨が多いですよね。
雨が多いとなんだかやる気がおきず家事なども面倒になりがちですよね。
また疲れていたりどうしても自分で料理をする気が起きないという方もご安心ください。メニューや商品に気をつけていればコンビニ食でもしっかりダイエットをすることが可能なんです。
今回は賢くコンビニを使うことで、料理する気がおきなくてもばっちり!ダイエットに役立つ情報をお届けしちゃいます。

コンビニに行ったらまずはここをみるべし!商品のカロリー表

コンビニにはたくさんの商品が置いてあって目移りしちゃいますよね、第一印象の食べたい!をちょっとだけ我慢してみましょう!
コンビニの商品には必ずカロリー表がついています!コンビニに行ったらぜひまずそこを見てみてください!意外とカロリーが低い商品、高い商品があります。
そこを見るだけでまずダイエットの第一歩です。
1000キロカロリーを超えてしまっているお弁当や大盛りパスタには気をつけましょう。
オススメはお弁当ではなくおかずのコーナーです!
完成している○○弁当などではなく、すでに調理済みの温めるだけのおかずだけをみてみるとカロリーが低い商品が多いです。
コンビニのお弁当はご飯の量が一定なのでどうしても炭水化物が多くなってしまいます。
そこでおかずを買って自宅でお米だけ炊いておくとすると家計も節約できて1石2鳥ですね。
高タンパクを選ぶと〇!同じカロリーでも太りやすいものもある・・?
カロリー表記を見ることでダイエット成功への第一歩が始まりましたよ!

スポンサーリンク

栄養素が大事?太りやすい食材の見分け方!

次に同じカロリーでも太りやすい食材とやせやすい食材のチョイスを説明していきます。
栄養表記には主に炭水化物、脂質、タンパク質、食物繊維の3つがあります。
タンパク質=食物繊維>炭水化物>脂質の順でやせやすい栄養素となっています。
ぜひタンパク質、食物繊維が多い商品を選びましょう。
タンパク質は筋肉の形成する働きがあり、筋トレや有酸素運動をした30分以内に食べるとさらに効果的です。
また疲れをとる働きもあるので家事のやる気が起きない日にはぴったりですね!
基本的にタンパク質のものは太りにくく、脂肪に代わりにくいので積極的に取り入れていきましょう。
次に食物繊維です。これはなんと0カロリーで腸内環境を整える働きをもっています。
腸内環境を整えることによりなんとむくみの解消や消化が良くなり、脂肪をため込みにくい体の形成やダイエットに役立ちます。
コンビニ製品だとゴボウサラダ、あるいは通常のサラダ類に多く含まれていますよ!
サラダを選ぶ際にはノンオイルドレッシングを選んでみてくださいね。
美味しいゴマドレッシングなどだとなんとあのちっちゃい袋1袋で約100カロリー以上(油を使っているので脂質がほとんど)のものが多く、ヘルシーなサラダなはずがかえって太る要因になってしまいます。
ぜひノンオイルのものを選びましょう。

今回のまとめ

栄養表記をよく見ることでなんとなくコンビニ食は太るというイメージから意外と痩せられるかもしれないと思えませんか?
賢く商品を選べばコンビニ食だってばっちりやせられるんですよ!
キーワードは合計カロリー、タンパク質、食物繊維です。
食べる物の見方が変わってくるとダイエットの第一歩を踏み出したことになります。
ぜひしっかり確認して食べたいものを選んでみてください!

スポンサーリンク