外食でも健康志向でいきましょう

外食をする時、栄養バランスを考えないで、食べたいものだけを食べてしまうと、どうしても炭水化物が多くなりがちです。
外食では誘惑がいっぱいですが、ちょっと意識して健康に気を配りましょう!

スポンサーリンク

1.外食でも大人気のラーメン

ラーメンは外食の中でも人気の高いメニューです。私も大好きです!
しかし、ラーメンは炭水化物が中心で、特に野菜がかなり少なくなってしまいます。

もしラーメンを選ぶのならば、野菜の多いものを選ぶようにすると良いでしょう。
外食が多い場合はできるならば定食の方が、栄養のバランスが摂れた食事にしやすいと思います。
健康を考えた食事を行う場合、あれこれ複雑に考えてしまうと、それだけで難しさを感じてしまいます。食事は楽しく、美味しく食べたほうが、心と体にも栄養になります。

野菜、たんぱく質、そして主食の炭水化物の3つのバランスが取れた食事を選ぶようにすると良いでしょう。
もし、食べたい外食の内容の中で野菜が不足しがちであれば、プラスして野菜のおかずを注文するのも良い方法です。
それが難しい場合は野菜ジュースなどを飲むことで、野菜不足を補っていくことができます。

スポンサーリンク

2.食後の運動は?

また、いくら栄養のバランスの摂れた外食を選んだとしても、食後にすぐに動いてしまうと消化不良を起こしてしまいやすくなります。

食後は15分程度の休憩を入れ、胃が消化をするのを助けるようにしましょう。
せっかく栄養のある食事をしても、消化不良で体に十分に吸収されないようでは残念な結果になってしまいます。

特に昼食は仕事などの影響で、短時間で早食いという人もいるかもしれません。
短時間でより多くのエネルギーを摂ろうとすると、どうしても麺類などの早く食べられるものになってしまいます。

毎日そのような食生活を送っていると、栄養のバランスが崩れてしまい、その結果、作業効率も下がってしまうことになりかねません。
もし、昼食の時間が短くて思うような食事が摂れないとしたら、朝食や夕食、または間食などで調整するようにしましょう。
とは言え、夕食や夜食だけをドカ食いしてしまうと、胃腸の負担も大きくなりますし、太る原因にもなってしまいます。
それを防ぐためにも、朝食をしっかりと食べるようにして、簡単な外食の昼食の食事をカバーしていくことができます。

3.まとめ

食事は毎日のことなので、健康を意識していても、外食ばかりだとなかなか栄養バランスを取るのが難しくなってしまいがちです。
そこで、食事の順番として、野菜→タンパク質のおかず→主食の炭水化物を意識して食べるだけでも、かなり健康的な食事になっていきます。

栄養バランスを意識した外食を継続していくことが、結果的に健康的な食生活に繋がっていきます。

スポンサーリンク