お風呂上がりストレッチ

 

こんにちは!最近寒い日が続いてますよね。寒い日が多いと血液循環が悪くなり結果としてむくみの原因になったり、やる気が起きない、疲れが取れないといった症状が出てくることがあります。今回紹介するのは「お風呂上りストレッチ」のすすめです。これはお年寄りから楽をして痩せたい方、疲れが取れない方など幅広い範囲で有効なのでぜひ実践してみてください。それではどのように効果があるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

1、なぜお風呂上りがよいのか

筋肉というのは冷えると縮み、温めると柔らかくなる仕組みを持っています。ですのでお風呂上がりのホカホカの状態で柔軟やストレッチを行うといつもより効果が数段でやすいのです。ストレッチをしている過程であったまってきますが湯冷めには気をつけながら行ってください。主なポイントとしては股関節や足のストレッチを念入りにすることによりむくみ解消やダイエット効果、疲れの回復や疲れにくい体づくりをすることができますよ。

スポンサーリンク

2、やせるだけじゃないお風呂上りストレッチは睡眠の質も高める

自律神経という言葉を知っているでしょうか。最近よく耳にする「寒暖差疲労」という言葉もありますよね。それは自律神経が弱ってきているからなのです。デスクワークなどが多いとどうしても自律神経は弱ってしまいます。それを解消するのにもお風呂上りストレッチはオススメなんですよ。お風呂というものがまず副交感神経系という休むスイッチを入れてくれるのでそのまま激しくないストレッチをし、睡眠へと移行することにより質の良い睡眠をとることができるんです。質の良い睡眠をとると成長ホルモンが分泌されやすくなり、肌の質がよくなったり、疲れにくい体形成、やせるホルモンも分泌されます。
逆に寝る前にスマホやTVなどのブルーライトを浴びてしまうと交感神経(体を起こしたり、働かせる神経)が興奮してしまうのでなるべく避けるようにしましょう。

 

まとめ

今回はお風呂上りストレッチについてまとめてみました。ストレッチ内容は疲れることのない無理のない運動をゆっくりと息の切れないペースで毎日続けていくことが大切です。毎日のお風呂に入り寝る前のわずか数10分ほどでみるみると疲れにくくなった、なんだか肌の調子が良い、やせやすくなったと実感できると思います。また気温は寒いですがお風呂あがりにポカポカとした状態で動くので不思議と体が冷えず、温まってくるのもポイントです。そしてそのまま眠ることで質の良い睡眠となります。自律神経が弱りやすいここ最近、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク